露木慎吾監督 勇退のお知らせ

露木慎吾監督(49)が第42回全日本クラブ選手権を最後に監督を退任する事になりました。

以下、露木監督のコメントです。

「監督として6年間、チーム運営を12年間、横浜金港クラブには通算28年間在籍致しました。

その間、全日本クラブ選手権には6度出場し、安定感のあるチームに育てる事が出来ました。

クラブチームが長く続く為には世代交代や役割分担が不可欠、やる事はやりましたし、引き際も肝心と思っています。

今回監督として初めて出場することが出来、選手・スタッフ・OB・スポンサー、連盟、協会、学校関係者など、全ての皆様に感謝しております。

最後の大会になりますが、一戦必勝、ベストを尽くして戦いたいと思います。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です