横浜国立大学野球部と横浜金港クラブのつながりを読み解く

もう何年も前のことですが、当クラブで長年、副部長・世話役としてご尽力いただいた鳥山龍衛氏(故人)からいただいた書籍の一つに「横浜高工・横浜高商 定期野球戦史」という昭和43年の夏に発行されたA4サイズの見開き515pの大作があります(横浜野球倶楽部発行、非売品)。

実はしばらくの間は見ていなかったのですが、自主練が続いている状況下を利用し、拝読することにしました。するとなかなか面白いことが見えてきましたので今回、記録として残させていただきます(不完全な理解もあると思いますので事実と完全に合致しない部分はご容赦いただけますと幸いです)。また、定期戦史以外からの情報も補足として付け加えたいと思います。

高工と高商というのは学制改革前の専門学校のことで、高工は横浜高等工業学校、高商は横浜高等商業学校を指します。

高工は今の横浜国立大学工学部の母体に、

高商は同じく横浜国立大学経済学部の母体となった学校です。

同じ大学として一緒になる前は両校野球部の間で定期戦を行い、この定期戦がとても人気であったことから、「ハマの早慶戦」と言われていたそうです。見にいくことができないファンのためにラジオ放送(JOAK〜現在のNHK〜で全国放送)までされていたとのことで、実況アナウンサー曰く「本当の早慶戦と遜色ない試合内容だった」ようです。

以下、簡易的な年表形式で記すことと致します。

1920年(大正9年)横浜高工設立 *この年、横浜野球協会も設立されました(神奈川県内初の野球組織)

1923年(大正12年)関東大震災

1924年(大正13年)横浜高商設立

1925年(大正14年)第1回定期戦始まる

1927年(昭和2年)第1回都市対抗野球大会始まる

1929年(昭和4年)横浜公園野球場完成

1934年(昭和9年)米大リーグ選抜vs日本代表戦が横浜公園野球場でも行われる。Y専(現横浜市大)と横浜専門(現神奈川大)の定期戦も始まる

1942年(昭和17年)横浜金港クラブ初代オーナー・山口久像氏が、チームの前身とも言える、蚕糸クラブ監督として戦前最後の都市対抗大会本戦に出場

1943-1945年(昭和18-20年)定期戦中止(その他の野球大会も全て中止)

1945年(昭和20年)横浜公園野球場が接収され、ルー・ゲーリック球場となる(同じ頃、神宮球場も接収される)

1946年(昭和21年)横浜野球協会主催の試合が特別にゲーリック球場にて開催される。

第一試合は全高工vs全高商(「全」と付くのはメンバーを集めるためにOBも呼んだため)、第二試合は全高工・全商高連合軍vs横浜金港クラブ であった。このゲーリック球場では戦後初の都市対抗野球出場のため、横浜金港クラブの壮行試合も行われ、その時の対戦相手は春のリーグ戦で優勝したばかりの慶應大学であった。(久像氏が蚕糸クラブの選手らを中心にチームを再結成し、森鴎外が作詞した横浜市歌の言葉を引用して横浜金港クラブと称した。初代監督は法政大のリーグ戦初優勝の立役者である鈴木茂氏、メンバーは早大のエースだった若原正蔵氏などで構成されていた)

<参考>横浜市内国民学校(小学校のこと)調査結果 「あなたはどんな遊びが好きか」→ 男子児童の39%が「野球」と回答

上記をきっかけとしてこの年の9月、定期戦が復活

1947年(昭和22年)鳥山龍衛氏、高工野球部入部。この年7月、山口久像氏が私費を投じて中村球場を完成させ(今の横浜市立中村小学校あたり、木造スタンドに約3000人収容)、市内唯一の硬式球場としてあらゆる大会に利用された。また秋には久像氏が横浜野球協会第6代会長に就任(第5代は鳥山数衛氏〜龍衛氏の父上〜)。

1948年(昭和23年)6月3&4日 高工vs高商 最後の定期戦(第19回)場所はゲーリック球場 *日本映画社の(ニュース)撮影、NHKの(ラジオ)全国放送あり。

高工監督:茅野健一氏(高工卒、横浜金港クラブOB。元プロ野球〜西日本パイレーツ〜選手)

高商監督:南村不可止氏(早大卒、横浜金港クラブOB。元プロ野球〜西日本パイレーツ・読売ジャイアンツ〜選手)*のちに南村侑広に改名。かの有名な王貞治氏の前に読売ジャイアンツで背番号1を付けていた。当時、横浜金港クラブに選手として在籍しつつ、高商の監督でもあった。

 

冒頭の鳥山龍衛さん(あえて親しみと感謝を込めて「さん」づけで呼ばせていただきます)は最後の定期戦に2年生として7番サードで出場しておられ、卒業したのち22年間もの長きにわたり横浜国立大学野球部の監督を務められ(奥様談)、また神奈川大学野球連盟の理事、そして横浜金港クラブ副部長などを歴任されました。

 

以上、かいつまんでまとめてみましたが、小生が横浜金港クラブに入部したのち、横浜国立大学野球部さんとは年に数度のオープン戦などでお邪魔していました。しかし歴史を振り返るととても深いつながりであったのだと再認識いたしました。引き続き同部のますますのご発展を祈るとともに、当クラブもより一層の精進をしていかなくてはと感じた次第です。

 

監督 露木文吾

 

2020年シーズンが変わりました

平素は当クラブの活動にご理解・ご支援をいただきましてありがとうございます。

今年のシーズンは元々スケジュールの大幅な変更が予定されていましたが、新型コロナウィルスの影響によって日本だけでなく世界中が大きなリスクに直面してしまっています(お亡くなりになられた方、罹患された方には慎んでお悔やみ・お見舞いを申し上げます)。そのため、昨日日本野球連盟から発表のあった通り、今年の大会の一部中止が確定いたしました。五輪によって第45回全日本クラブ野球選手権は神奈川県予選が3月、関東地区予選が4月、本大会が5月となかなかタイトな予定に変わっていましたがそこにコロナの影響が直撃した格好となりました。神奈川県以外でも地区予選進出を決めているエリアもあり、それぞれのチームにそれぞれの思いがあることと思います。また、裏方としてチームを支えている方々のスケジューリング、グランド手配、資金面でのやりくりなど、どれだけの時間を例年より余計に割いて尽力されてきたかと想像すると本当に頭が下がります。

社会人野球の花形の一つ、都市対抗野球大会については元々年末に予定されていたこともあり、今回の発表には含まれておらず、また社会人野球ファンからも「せめて都市対抗だけは開催してほしい」という声が聞こえてきています。当クラブも遠い昔、同大会に出場したことがあり、そのような意味からもファンの方と想いは同じです。神奈川県の場合は9月に予選を予定しており、無事に開催できれば特別な思いを抱いての試合になることは間違いないでしょう。

平和と人々の健康があればこそスポーツができるというのはまさしくその通りではありますが、戦後の厳しい状況下で金港クラブが横浜で果たした功績を思うと、そのような厳しい時にこそ野球というスポーツはその地域の人々を活気づける一助になるのだと思わずにはいられません。今は色々な状況が当時とは異なりますが当クラブがその時と同じような存在でありたいと願いつつチーム運営を行っています。

選手達の士気はもしかしたら一時的に下がるかもしれません。昨年末から今まで取り組んできたこと、これから地区予選や本大会に向けて取り組もうとしていたことを発揮する場が失われたわけですから理解できます。しかし金港クラブのメンバー達は人間的にも非常に優秀な集団です。それぞれの持ち場でリーダーシップを発揮し、厳しい状況の中にあっても自己鍛錬を怠ることなく、ひとたび集まった時には、一体どこで準備していたのかと驚くほどに、きびきびとした、いかにも社会人野球らしいプレーをしてくれることと思います。わたしはその時が来るのを思うと、まさにチャンス到来、下を向くどころか本当にワクワクとした気持ちになります。もしよろしければそのような時に彼らのプレーを生で見ていただけると幸いです。

昨年のチームスローガンは「己に克つ」でした。いついかなる状況にも己に負けず、ただひたすら好きな野球をうまくなる、ゲームに勝つための準備・行動を取って欲しいという思いから私の独断で決めたものでした。今年のスローガンは選手のみんなに決めてもらいましたが、引き続き金港クラブらしく、逞しく日々の一歩を着実に歩んで欲しいと願うばかりです。

 

人間というものは、心一つの置きどころ。

 

なかなか直面したことのない状況ではありますが、一分一秒でも早く、終息してくれることを心から祈ります。

 

監督 露木文吾

 

 

78年目のシーズンをむかえて

平素は当クラブの活動にご理解・ご支援をいただきまして感謝申し上げます。

いよいよ創部78年目のシーズンを迎えます。戦前の1942年創部ですので当然、小生も生まれていません。また金港クラブをよくご存知のオールドファンの方々も相当なご高齢の方が多く、昔の強い金港クラブを知る方もめっきり減ってきてしまっていることが少々寂しい感じもしますが、2020年シーズンの組み合わせもみえてきて、また嬉しくも不安との戦いの日々を過ごすことになります。

プロ野球の世界で言いますと各チームの創立は

読売ジャイアンツ1934年

阪神タイガース1935年

中日ドラゴンズ1936年

オリックスバファローズ1936年

福岡ソフトバンクホークス1938年

北海道日本ハムファイターズ1945年

広島東洋カープ1949年

横浜DeNAベイスターズ1949年

千葉ロッテマリーンズ1949年

東京ヤクルトスワローズ1950年

埼玉西武ライオンズ1950年

東北楽天ゴールデンイーグルス2004年

ですから、まだ現在の球団の半分も創設されていない頃に金港クラブはすでに存在していたということになります。

初代のオーナーは故・山口久像氏。横浜において数々の役職を任された方ですが、今でも残っている「横浜スタジアム関係者正面入り口」の胸像でその足跡の一端を知ることができます。初代横浜スタジアム社長でもあったわけですが、何より、戦後のさなか、米国の占領統治下においては集団行動が禁止されていた状況にもかかわらず、同氏の尽力などにより横浜公園において金港クラブの試合(終戦後最初の都市対抗野球出場のための壮行試合。対戦相手は当時最強と言われていた慶應大学)をすることが認められるなど、戦前はもちろん戦後の状況下においても野球を守った人として後世まで語り継がれています。

横浜公園はもともとクリケット場でしたが、その後、歴史的な経緯から、その名称は横浜公園球場、ゲーリック球場、横浜公園平和球場と変わっていきました。

ちなみに金港クラブとしての初代監督は鈴木茂氏。法政大学が大学史上初めてリーグ優勝を果たした時の主力投手です。

残念ながら久像オーナーとお会いしたことはなく、1988年にお亡くなりになられています。この数年後に小生は金港クラブの門を叩くことになります。入部当初、毎週日曜日の15時からY校で練習と決まっていました。練習時間がいつもさほど長くないので集合直後からすぐに動けるように、1時間以上前にはグランドの裏手の道路に車を止めて、ランニングしていたことを記憶しています。

今ではY校で練習することはほとんどありませんが、のちの鉄腕、元G・山口鉄也投手とも間違いなくここで何度もすれ違っていたと思います。

その後相当な年数を経過し、環境も大きく変化し、それでも金港クラブが今日も活動できていることを大変有り難く感じながら、78年目のシーズンを初代久像・二代目和宏オーナーは変わらずきっと見守ってくださるだろうと思いながらもいつか最良の報告ができるのを私自身、楽しみにしているところです。

 

仕事上、2月はほとんどチームの活動に参加できないのですが、NPBの選手たちの素晴らしい取り組みの現場で目にしたことを少しでもチームに還元できればと思いながら宮崎・沖縄の空を眺めています。

 

監督 露木文吾

2020年主要大会日程について

各位

平素、当クラブの活動にご理解・ご賛同くださいましてありがとうございます。

東京五輪の関係で大会日程が例年と異なっております。そのため、選手のスケジュール調整で多少のご無理をお願いすることもあるかもしれませんが何卒、ご理解いただきまして、ご協力・ご配慮賜りますよう改めてお願い申し上げます。

https://www.jaba89.com/member/team/getCommonUploadFile/?image_id=upload_edf0fc1460a0aea76ecc87e6427e5d21

なお、第45回全日本クラブ選手権の神奈川県予選は3/19-22(予備日3/23-24)、勝ち抜いた場合の関東地区予選は4/25-26、さらに勝ちぬいた場合の全国大会@メットライフドームはリンクの通り5/25-28(全て平日)となっております。

また、第91回都市対抗野球の神奈川県予選は8/11より、西関東予選は9/1からと、週末だけではなく平日も含む日程となっております。

引き続き、アマチュア野球ながら真剣に硬式野球に取り組む選手たちへのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

監督 露木文吾

2020年(子年)ご挨拶

拝啓

当サイトをご訪問いただいた皆様、新年あけましておめでとうございます。今年もこうしてご覧いただきましてありがとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

横浜スタジアムをメイン会場とする野球の五輪復活の2020年、私たちアマチュア硬式野球の世界では例年とスケジュールが大きく異なり、オフもあまり取らずに活動しています。

とはいえ、仕事や家族のあるメンバーにはそれぞれの居場所での協力や理解があって成り立つ野球ですから、意図的に活動を休むことで来たるべきシーズンでの取り組みを思う存分行うための下準備をしているメンバーもいます。

昨年はお陰様で神奈川第一代表として関東予選を勝ち抜き、メットライフドームでの全日本クラブ選手権に出場を果たすことができました。メットライフで優勝すると社会人野球日本選手権へ出場できるのですが2回戦でマツゲン箕島硬式野球部との対戦で敗退致しました。大変残念な結果ではありましたが、選手達にとってはとても良い経験ができたシーズンだったと思います。また2020年も全国へと当然考えていますが神奈川のクラブチームも強豪揃い。その前にまずは目の前の戦いに集中していくことが肝要と感じています。

創部78年目のシーズンとなりますが、退部・入部といった選手の入れ替えもあり、チームは常に新陳代謝を繰り返しています。そのような意味では我々のような古参チームも、また加盟間もないチームも大差はありません。しかしながら近年、クラブチームのあり方も多様化してきました。お互いに協力しあって自主的に取り組む真のクラブチームとして今年も横浜金港クラブは高みを目指して精進してまいります。

最後にいつも支えていただいている、

株式会社共栄社、神奈川県野球協会・関東地区野球連盟・日本野球連盟、各地区審判員の皆さん、毎日新聞社・神奈川新聞社・小学館、選手の出身母体となる高校・大学等々、多くの関係者の皆様への御礼をこちらでさせていただく無礼をお許しいただけましたら幸いです。

敬具

 

横浜金港クラブ監督 露木文吾

第44回全日本クラブ野球選手権に出場します

2019.8.26-29の4日間、メットライフドームにて開催される、第44回全日本クラブ野球選手権本大会に出場することになりました。OB/OG関係者、その他色々な方々のご支援・ご協力をいただいての出場、また素晴らしい球場でプレーができることに感謝申し上げます。

2004年、僭越ながら私が主将をしていたときに25年ぶり3回目の出場をしてからこの16年の間に7回目の出場となります。出場チームの中では大和高田クラブに続いて2番目の出場回数となりますが、最高成績は2011年のベスト4と、そろそろもう少し上を目指せと言われそうな気がしています。

2004年当時は南関東と北関東に分かれており、南関東予選は必ず埼玉で開催されていました。毎年神奈川で勝つも、埼玉の暑さに体力を奪われ(もちろんそれ以外の原因が大きいのですが)、試合中にすでに顔が茹でダコと同じだったのを記憶しています。それまでの負け続けた悔しさから毎年少しずつ工夫をし、今に至ります。

メットライフドームは直射日光があたらない分、多少は涼しいですが意外と蒸し暑いところでもありますのでご来場いただく場合は少々ご注意ください。

プロを目指す若者プレイヤー、野球が大好きで気づいたらオジさんプレイヤーなど様々な選手たちの精一杯のプレーをぜひ見ていただけると幸いです。

 

監督・露木文吾

2019シーズン(県春季大会、都市対抗一次予選兼クラブ選手権県予選)

JABA(日本野球連盟)における今季の戦いが各地で繰り広げられています。

横浜金港クラブも77年目のシーズンとなり、2つの大会をすでに終えています。

県春季大会では平日での試合となり、相模原クラブさんになんとか追いついたもののひっくり返すカなく、サヨナラでの敗戦。非常に反省点の多い大会となりました。

 

第90回都市対抗一次予選兼第44回クラブ選手権県予選は雷雨による雨天中止で大会の順延が一日あったものの、その後は順調に試合を消化し、初戦の横浜中央クラブさんに勝利した後の準決勝、横浜球友クラブさんとの対戦で逃げ切り、最後の決勝では新生JFAM EMANONさんから逃げ切って2年ぶりの優勝で終えることができました。

大会中、当クラブが最後に都市対抗本戦に出場した第21回大会(昭和25年)、8月8日の全鐘紡戦で登板した鈴木康弘OB(のちに当クラブより日石に移籍)も大変お元気な姿で応援に来ていただきました。

初代オーナー山ロ久像(電気設備工事・設計・施工の株式会社共栄社創業者であり、横浜スタジアム初代社長)を直接知る数少ないOBのご来場は大変貴重でありがたいところです。

上位大会に続く予選で結果を残せたことは選手たちにとっても成長の機会であり、また日頃ご支援・ご声援をいただいている関係者やOB/OGと現場が接するとても良いタイミングとして大切に過ごしたいと考えています。次の大会でも一つでも多く勝てるよう、鋭意努力してまいります。

直近の予定

5/19(日)14:00 vs山梨球友クラブ@横浜スタジアム

勝利すると、5/20(月)14:00 vs JX-ENEOS@横浜スタジアム

 

監督 露木文吾