78年目のシーズンをむかえて

平素は当クラブの活動にご理解・ご支援をいただきまして感謝申し上げます。

いよいよ創部78年目のシーズンを迎えます。戦前の1942年創部ですので当然、小生も生まれていません。また金港クラブをよくご存知のオールドファンの方々も相当なご高齢の方が多く、昔の強い金港クラブを知る方もめっきり減ってきてしまっていることが少々寂しい感じもしますが、2020年シーズンの組み合わせもみえてきて、また嬉しくも不安との戦いの日々を過ごすことになります。

プロ野球の世界で言いますと各チームの創立は

読売ジャイアンツ1934年

阪神タイガース1935年

中日ドラゴンズ1936年

オリックスバファローズ1936年

福岡ソフトバンクホークス1938年

北海道日本ハムファイターズ1945年

広島東洋カープ1949年

横浜DeNAベイスターズ1949年

千葉ロッテマリーンズ1949年

東京ヤクルトスワローズ1950年

埼玉西武ライオンズ1950年

東北楽天ゴールデンイーグルス2004年

ですから、まだ現在の球団の半分も創設されていない頃に金港クラブはすでに存在していたということになります。

初代のオーナーは故・山口久像氏。横浜において数々の役職を任された方ですが、今でも残っている「横浜スタジアム関係者正面入り口」の胸像でその足跡の一端を知ることができます。初代横浜スタジアム社長でもあったわけですが、何より、戦後のさなか、米国の占領統治下においては集団行動が禁止されていた状況にもかかわらず、同氏の尽力などにより横浜公園において金港クラブの試合(終戦後最初の都市対抗野球出場のための壮行試合。対戦相手は当時最強と言われていた慶應大学)をすることが認められるなど、戦前はもちろん戦後の状況下においても野球を守った人として後世まで語り継がれています。

横浜公園はもともとクリケット場でしたが、その後、歴史的な経緯から、その名称は横浜公園球場、ゲーリック球場、横浜公園平和球場と変わっていきました。

ちなみに金港クラブとしての初代監督は鈴木茂氏。法政大学が大学史上初めてリーグ優勝を果たした時の主力投手です。

残念ながら久像オーナーとお会いしたことはなく、1988年にお亡くなりになられています。この数年後に小生は金港クラブの門を叩くことになります。入部当初、毎週日曜日の15時からY校で練習と決まっていました。練習時間がいつもさほど長くないので集合直後からすぐに動けるように、1時間以上前にはグランドの裏手の道路に車を止めて、ランニングしていたことを記憶しています。

今ではY校で練習することはほとんどありませんが、のちの鉄腕、元G・山口鉄也投手とも間違いなくここで何度もすれ違っていたと思います。

その後相当な年数を経過し、環境も大きく変化し、それでも金港クラブが今日も活動できていることを大変有り難く感じながら、78年目のシーズンを初代久像・二代目和宏オーナーは変わらずきっと見守ってくださるだろうと思いながらもいつか最良の報告ができるのを私自身、楽しみにしているところです。

 

仕事上、2月はほとんどチームの活動に参加できないのですが、NPBの選手たちの素晴らしい取り組みの現場で目にしたことを少しでもチームに還元できればと思いながら宮崎・沖縄の空を眺めています。

 

監督 露木文吾

2020年主要大会日程について

各位

平素、当クラブの活動にご理解・ご賛同くださいましてありがとうございます。

東京五輪の関係で大会日程が例年と異なっております。そのため、選手のスケジュール調整で多少のご無理をお願いすることもあるかもしれませんが何卒、ご理解いただきまして、ご協力・ご配慮賜りますよう改めてお願い申し上げます。

https://www.jaba89.com/member/team/getCommonUploadFile/?image_id=upload_edf0fc1460a0aea76ecc87e6427e5d21

なお、第45回全日本クラブ選手権の神奈川県予選は3/19-22(予備日3/23-24)、勝ち抜いた場合の関東地区予選は4/25-26、さらに勝ちぬいた場合の全国大会@メットライフドームはリンクの通り5/25-28(全て平日)となっております。

また、第91回都市対抗野球の神奈川県予選は8/11より、西関東予選は9/1からと、週末だけではなく平日も含む日程となっております。

引き続き、アマチュア野球ながら真剣に硬式野球に取り組む選手たちへのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

監督 露木文吾

2020年(子年)ご挨拶

拝啓

当サイトをご訪問いただいた皆様、新年あけましておめでとうございます。今年もこうしてご覧いただきましてありがとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

横浜スタジアムをメイン会場とする野球の五輪復活の2020年、私たちアマチュア硬式野球の世界では例年とスケジュールが大きく異なり、オフもあまり取らずに活動しています。

とはいえ、仕事や家族のあるメンバーにはそれぞれの居場所での協力や理解があって成り立つ野球ですから、意図的に活動を休むことで来たるべきシーズンでの取り組みを思う存分行うための下準備をしているメンバーもいます。

昨年はお陰様で神奈川第一代表として関東予選を勝ち抜き、メットライフドームでの全日本クラブ選手権に出場を果たすことができました。メットライフで優勝すると社会人野球日本選手権へ出場できるのですが2回戦でマツゲン箕島硬式野球部との対戦で敗退致しました。大変残念な結果ではありましたが、選手達にとってはとても良い経験ができたシーズンだったと思います。また2020年も全国へと当然考えていますが神奈川のクラブチームも強豪揃い。その前にまずは目の前の戦いに集中していくことが肝要と感じています。

創部78年目のシーズンとなりますが、退部・入部といった選手の入れ替えもあり、チームは常に新陳代謝を繰り返しています。そのような意味では我々のような古参チームも、また加盟間もないチームも大差はありません。しかしながら近年、クラブチームのあり方も多様化してきました。お互いに協力しあって自主的に取り組む真のクラブチームとして今年も横浜金港クラブは高みを目指して精進してまいります。

最後にいつも支えていただいている、

株式会社共栄社、神奈川県野球協会・関東地区野球連盟・日本野球連盟、各地区審判員の皆さん、毎日新聞社・神奈川新聞社・小学館、選手の出身母体となる高校・大学等々、多くの関係者の皆様への御礼をこちらでさせていただく無礼をお許しいただけましたら幸いです。

敬具

 

横浜金港クラブ監督 露木文吾

第44回全日本クラブ野球選手権に出場します

2019.8.26-29の4日間、メットライフドームにて開催される、第44回全日本クラブ野球選手権本大会に出場することになりました。OB/OG関係者、その他色々な方々のご支援・ご協力をいただいての出場、また素晴らしい球場でプレーができることに感謝申し上げます。

2004年、僭越ながら私が主将をしていたときに25年ぶり3回目の出場をしてからこの16年の間に7回目の出場となります。出場チームの中では大和高田クラブに続いて2番目の出場回数となりますが、最高成績は2011年のベスト4と、そろそろもう少し上を目指せと言われそうな気がしています。

2004年当時は南関東と北関東に分かれており、南関東予選は必ず埼玉で開催されていました。毎年神奈川で勝つも、埼玉の暑さに体力を奪われ(もちろんそれ以外の原因が大きいのですが)、試合中にすでに顔が茹でダコと同じだったのを記憶しています。それまでの負け続けた悔しさから毎年少しずつ工夫をし、今に至ります。

メットライフドームは直射日光があたらない分、多少は涼しいですが意外と蒸し暑いところでもありますのでご来場いただく場合は少々ご注意ください。

プロを目指す若者プレイヤー、野球が大好きで気づいたらオジさんプレイヤーなど様々な選手たちの精一杯のプレーをぜひ見ていただけると幸いです。

 

監督・露木文吾

2019シーズン(県春季大会、都市対抗一次予選兼クラブ選手権県予選)

JABA(日本野球連盟)における今季の戦いが各地で繰り広げられています。

横浜金港クラブも77年目のシーズンとなり、2つの大会をすでに終えています。

県春季大会では平日での試合となり、相模原クラブさんになんとか追いついたもののひっくり返すカなく、サヨナラでの敗戦。非常に反省点の多い大会となりました。

 

第90回都市対抗一次予選兼第44回クラブ選手権県予選は雷雨による雨天中止で大会の順延が一日あったものの、その後は順調に試合を消化し、初戦の横浜中央クラブさんに勝利した後の準決勝、横浜球友クラブさんとの対戦で逃げ切り、最後の決勝では新生JFAM EMANONさんから逃げ切って2年ぶりの優勝で終えることができました。

大会中、当クラブが最後に都市対抗本戦に出場した第21回大会(昭和25年)、8月8日の全鐘紡戦で登板した鈴木康弘OB(のちに当クラブより日石に移籍)も大変お元気な姿で応援に来ていただきました。

初代オーナー山ロ久像(電気設備工事・設計・施工の株式会社共栄社創業者であり、横浜スタジアム初代社長)を直接知る数少ないOBのご来場は大変貴重でありがたいところです。

上位大会に続く予選で結果を残せたことは選手たちにとっても成長の機会であり、また日頃ご支援・ご声援をいただいている関係者やOB/OGと現場が接するとても良いタイミングとして大切に過ごしたいと考えています。次の大会でも一つでも多く勝てるよう、鋭意努力してまいります。

直近の予定

5/19(日)14:00 vs山梨球友クラブ@横浜スタジアム

勝利すると、5/20(月)14:00 vs JX-ENEOS@横浜スタジアム

 

監督 露木文吾

2019年シーズン

いよいよ2019年シーズンの準備が始まりました。

全体での6時間にわたるミーティングを経て、メンバー一同決意を新たに邁進していく所存です。

必ずしも恵まれているわけでもない環境を、嘆くのではなく、好機と捉えて前へ進む。

真のクラブ日本一にいつかなれるように歩んでいきます。

 

横浜金港クラブ 監督 露木文吾

2018年都市対抗野球西関東予選

5月19日より横浜スタジアムにて西関東予選が始まります。

初戦は山梨県第一代表の甲斐府中クラブさんです。

開会式の後、9:00試合開始となります。

よろしくお願いいたします。