神奈川県予選を終えて

第87回都市対抗野球大会兼第41回全日本クラブ選手権大会の神奈川県予選を2年連続優勝することが出来ました。

たくさんの応援をありがとうございました。

初戦、準決勝は選手が硬くなり、本来の力を発揮できませんでしたが、それでも負けることなく勝ち続け、西関東予選と関東予選の出場権を獲得いたしました。

都市対抗出場、企業戦勝利、真のクラブ日本一を目指して頑張っていきます。

応援していただいている方々には大きなご心配をおかけいたしましたが、今後ともご声援をよろしくお願い致します。

 

監督 露木慎

足利市長杯を終えて

こんにちは。

ご無沙汰しております。

監督の露木です。

 

先月行われた足利市長杯は、皆様の多大なるご声援の下、初優勝を飾ることが出来ました。

どうもありがとうございました。

初戦のJR千葉戦は全く手探りでしたが、先発の飯田が入部以来といっていいほどの好投を見せ、危なげなく勝利することが出来ました。

また、JR水戸戦は前日の偵察と夜間・早朝の対策ミーティングが功を奏し、三橋投手の好投もあり、少ない投球数でこちらも勝利することが出来ました。

前の試合で対戦を目標にしていた全足利クが深谷組に敗退してしまったので、目標を全足利へのリベンジから、初優勝に切り替え、やはり深谷組の一人一人の打者への対策を念入りに行い、きびしい試合の流れを終盤ひっくり返して逆転サヨナラ勝利することが出来ました。

深谷組はメンバーのほとんどを昨年から入れ替え、コールド勝ちした去年とは別のチームのように強くなっていましたが、エース本多が粘りの投球で抑え込んでくれました。

栃木県まで宿泊を伴う遠征で、土曜日の16時試合開始、日曜日の9時、14時試合と24時間で3試合をこなす強行軍。

試合後は22時に夜練習・ミーティング、23時消灯、7時起床・散歩・体操、7時半ミーティングとみんなで一緒の時間を多く過ごすことが出来、実りある大会となりました。

応援ありがとうございました。