都市対抗・クラブ選手権予選を終えて

第1シードとして迎えることができた今大会。

投打にわたり選手の故障などがあり、必ずしもベストメンバーとは言えない状況ながら、選手たちはカバーし合って良く頑張ってくれたと思います。

県内クラブのレベルも年々上がってきており、その中で安定した結果を出すのは大変なことですが、

毎年毎大会で地道に他チームのデータ分析を続けていることで、確率を上げる努力も勝利に大きく貢献していると考えています。

櫻井コーチをはじめ、練習にも参加せずに他チームの試合にデータ収集に出かける選手や、怪我して出れないからと他県にまで出かけて偵察に行ってくれる選手たちの努力は他のチームにはない金港ならではの強みだと思います。

勝つ勝つ、と言っても勝つためにそこまで犠牲にすることは難しく、日々のクラブ活動の中でそういった意識を浸透させていかなければ簡単にできることではないので、今のチーム状況はとても良い方向に向かっていると信じています。

大会では投手を継投継投で起用しましたが、完投で相手打線を封じ込める力を持った選手はいません。

打たれてから代えるよりも、「俺はまだ投げれる」という気持ちを持ったまま代えるくらいが短い日程で連戦が続くトーナメントでは今はベストではないかと思っています。

もちろん、完投能力や絶対的な力をつけてくる投手が出てくれば、それは試合を任せることになりますが、近年の金港を支えた河本、廣瀬、高塩、菊沢などの絶対的なエースがいない以上、個ではなく集団で戦う必要があります。

それでも今大会を通じて、その可能性を秘めている投手が数名出てきました。

西関東予選での好投を期待したいと思います。

さらに野手陣は選手層が厚くなり、ベンチ入りメンバーで使わない選手はいないぐらい、誰を起用してもそれなりの働きをしてくれる安心感があります。

むしろ力はあるのに、ポジションがだぶついていて起用できない、という嬉しい悩みを抱えるほどになりました。

それでも全足利や昨年の熱血、所沢、YBCなど、他県の強豪チームとの試合ではレギュラーでさえも抑え込まれ負けていたので、チーム内の競争を活性化させてレベルアップを図っていく必要があります。

以前の金港では高卒新人が試合に出してもらえる機会はほとんどなかったのですが、今ではすぐに試合に出します(笑)

今大会でも、川口・平野(場外)・市川が本塁打を放ち、斎藤景や田中も強風に煽られなければ本塁打、という力を見せつけました。

また、決勝では川口、濱、高橋優といった若い選手たちが、一つ先の塁を勇猛果敢に狙う積極的な姿勢が目につき、日ごろの走塁練習や高い意識の共有が良い結果を生み出している気がします。

また、文吾コーチの試合前ノックでの偵察による3塁ランナーコーチの指示も、ギャンブルをしているようでいて実は確率を頭に入れた指示になっていて、決勝でも2度ほど活かされている場面がありました。

守備でも堅実確実な守備がチームを支えていて、失策が目立つほどになってきました。

そんな日ごろの練習の結果が優勝という大きな成果につながったのは嬉しいことですが、これはすでに終わったこと。

すでにさらに強豪チームとの対戦が待ち構えています。

その対戦を通じて金港もさらなるレベルアップを図っていければと思っています。

 

最後に、ある選手のご家族が、選手がいろんなことを犠牲にして野球に取り組んできた結果が出せてうれしい、というコメントをされていました。

少しでも良い報告をすることで、たくさんの方々に恩返しできればと思います。

応援ありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

(文責 監督・露木慎吾)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です