都市対抗西関東予選を終えて

2015年の都市対抗が早くも幕を閉じてしまいました。

日本選手権は予選出場しないクラブチームがほとんどなので、クラブ同士の戦いではなく、都市の対抗戦とはいえ全国354チームの頂点を争う大会と言えるのはこの大会だけです。

最近は敗者復活トーナメント方式で開催されていたので、第2代表まで敗者復活で駆け上がると合計5試合を戦うことができていましたが、今年はブロックリーグ方式なので2試合でした。

ブロックで1位になればいいわけで、企業にしてみれば得失点差で1位でもいいので、一発勝負のトーナメントと違って気持ちの持ちようが違うかと思います。

クラブチームにとっては平日の月曜日を戦うのはいろんな意味で困難はありますが、この日に備えて頑張ってきたのでそれは結果とは何の関係もありません。

 

0-21x(7回コールド)

 

金港にいる選手の誰もが、こんな得点差で野球で負けた記憶はないと思います。

ものすごく恥ずかしい想いをしていると思います。

一生懸命やっているのだから、恥ずかしいと思う必要はない、と思う反面

一生懸命手を抜かずにやっているのにこの得点差は、「企業戦勝利」と高い目標を掲げることすら憚られるほどの痛みを感じます。

何か得られるものはあったでしょうか?

屈辱的な負け方をして、悔しい、この中から這い上がっていつか・・・そう思わなければこの敗戦は何も生きないと思います。

ロッカールームで相手の凄さを語っている選手もいましたが、それでは駄目です。

この大会で、この試合で、本気で負けられないと思って取り組んでいないから、悔しい試合後にそんな言葉が出てしまうんです。

クラブ選手権と同じように、そのぐらいの気持ちで戦っていれば、負けた時のショックは計り知れないと思います。

ベテランになれば、次の一年までが本当に長い道のりだと感じます。

若い選手にはまだまだこのクラブで、何かを成し遂げてやるんだ、という気持ちになれていないと思います。

でもそれは仕方ない、自分も若い時はそうだった。

それでも時間を共有してこのチームで主軸になったときに、そういう想いが強く出てくるものだと思います。

 

ここまでたくさんの応援をしてくださっている方々に、このような結果では恩返しなど程遠いです。

でも諦めません。

金属バット時代ではこんな試合はざらでした。

諦めるのは簡単でした。

でも諦めなかったから今があるし、2004年の25年ぶりのクラブ選手権全国大会、2013年の第2代表決定戦の死闘がありました。

これからも金港クラブはもっといいチームに成長します。

この屈辱の日を忘れずに、いつかお返しできるように、もっと努力していきます。

応援よろしくお願いします。

 

今年もたくさんの声援を、ありがとうございました。

 

文責 監督・露木慎吾

OB訪問 西山明彦さん(関西外国語大学教授、硬式野球部長兼監督)

IMG_3879

先日、当クラブOBの西山明彦さんが部長・監督を務める関西外大硬式野球部(阪神大学野球連盟所属)にお邪魔してきました。

西山さんは湘南高−東京大学(経済学部卒)−横浜金港クラブ。

東京六大学リーグでは、東大の歴代ランク5位タイとなる8勝(28敗)を挙げた投手として活躍しました。

1977年、4年春季には東大投手初の2試合連続完封勝利(vs立大戦)を記録、なんと3・4年時は全試合に登板という驚異のスタミナの持ち主でした。(通算60試合登板。他外野手として6試合出場)

大学時代の同学年には江川卓・袴田英利(法大)、山倉和博(早大)選手ら。

神宮球場で当クラブ現役の選手だった田中美一さん(立大OB、神奈川高校野球夏決勝の主審、故人)から誘われ、大学卒業後すぐに金港クラブに入団。

初年度いきなりいすゞ自動車を終盤まで抑える好投を見せるなどし、全日本クラブ選手権本戦に2回出場、勤務先(;日本航空、当時)の異動命令がドイツだったため、一時休部するも帰国後にコーチ兼投手として復帰。

その後、ご子息の少年野球チームの手伝いをするために退部しましたが、そこで監督になり、神奈川大会を制覇して全国大会に出場するなど、指導者としてもハイレベルな活躍をされました。当クラブ第7代監督の今井文英さんとは高校・大学の同級にあたります。

<当クラブの現役選手に激励のコメント>

 ・野球を経験した人は社会で実に役に立つ。グランドの出来事はほぼ社会に置き換えられるので、会社のことも野球に置き換えれば理解が早い。
 ・野球選手に頭の悪い人はいない。野球はそれだけ難しい頭のスポーツ。
  ※勉強できないと思っている人は時間をかけていないだけ。
 ・野球の経験が生きてくるのは40歳過ぎてから。野球人は(大器・・かどうか別として)晩成型、続けられるうちは、仕事、家庭とバランス取りながら迷わず野球に没頭すべし!
西山さんありがとうございました。
きっと参考にして、練習・試合に励んでくれると思います。

都市対抗・クラブ選手権予選を終えて

第1シードとして迎えることができた今大会。

投打にわたり選手の故障などがあり、必ずしもベストメンバーとは言えない状況ながら、選手たちはカバーし合って良く頑張ってくれたと思います。

県内クラブのレベルも年々上がってきており、その中で安定した結果を出すのは大変なことですが、

毎年毎大会で地道に他チームのデータ分析を続けていることで、確率を上げる努力も勝利に大きく貢献していると考えています。

櫻井コーチをはじめ、練習にも参加せずに他チームの試合にデータ収集に出かける選手や、怪我して出れないからと他県にまで出かけて偵察に行ってくれる選手たちの努力は他のチームにはない金港ならではの強みだと思います。

勝つ勝つ、と言っても勝つためにそこまで犠牲にすることは難しく、日々のクラブ活動の中でそういった意識を浸透させていかなければ簡単にできることではないので、今のチーム状況はとても良い方向に向かっていると信じています。

大会では投手を継投継投で起用しましたが、完投で相手打線を封じ込める力を持った選手はいません。

打たれてから代えるよりも、「俺はまだ投げれる」という気持ちを持ったまま代えるくらいが短い日程で連戦が続くトーナメントでは今はベストではないかと思っています。

もちろん、完投能力や絶対的な力をつけてくる投手が出てくれば、それは試合を任せることになりますが、近年の金港を支えた河本、廣瀬、高塩、菊沢などの絶対的なエースがいない以上、個ではなく集団で戦う必要があります。

それでも今大会を通じて、その可能性を秘めている投手が数名出てきました。

西関東予選での好投を期待したいと思います。

さらに野手陣は選手層が厚くなり、ベンチ入りメンバーで使わない選手はいないぐらい、誰を起用してもそれなりの働きをしてくれる安心感があります。

むしろ力はあるのに、ポジションがだぶついていて起用できない、という嬉しい悩みを抱えるほどになりました。

それでも全足利や昨年の熱血、所沢、YBCなど、他県の強豪チームとの試合ではレギュラーでさえも抑え込まれ負けていたので、チーム内の競争を活性化させてレベルアップを図っていく必要があります。

以前の金港では高卒新人が試合に出してもらえる機会はほとんどなかったのですが、今ではすぐに試合に出します(笑)

今大会でも、川口・平野(場外)・市川が本塁打を放ち、斎藤景や田中も強風に煽られなければ本塁打、という力を見せつけました。

また、決勝では川口、濱、高橋優といった若い選手たちが、一つ先の塁を勇猛果敢に狙う積極的な姿勢が目につき、日ごろの走塁練習や高い意識の共有が良い結果を生み出している気がします。

また、文吾コーチの試合前ノックでの偵察による3塁ランナーコーチの指示も、ギャンブルをしているようでいて実は確率を頭に入れた指示になっていて、決勝でも2度ほど活かされている場面がありました。

守備でも堅実確実な守備がチームを支えていて、失策が目立つほどになってきました。

そんな日ごろの練習の結果が優勝という大きな成果につながったのは嬉しいことですが、これはすでに終わったこと。

すでにさらに強豪チームとの対戦が待ち構えています。

その対戦を通じて金港もさらなるレベルアップを図っていければと思っています。

 

最後に、ある選手のご家族が、選手がいろんなことを犠牲にして野球に取り組んできた結果が出せてうれしい、というコメントをされていました。

少しでも良い報告をすることで、たくさんの方々に恩返しできればと思います。

応援ありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

(文責 監督・露木慎吾)