東京METSとのオープン戦を終えて

今日は投手陣が13四死球

それでよく6失点で収まったと思う。

捕手のパスボールや眼に見えないジャックルでの許盗塁はあったが、野手の堅守が失点を最小限にしていたと思う。

星山、菊沢といった今季チームを引っ張ってきた投手たちの立ち上がりの乱調は計算外。

野球は流れのあるスポーツなので、こういう展開になると野手の攻撃に悪い影響が出てしまう。

それでも普段レギュラーに圧されて出場できていない選手たちも頑張ってくれた。

嵩は打撃こそ本調子ではないが、守備は内野手の中で最上位レベルのフィールディングを見せている。

中村は複数安打を放ち、大川も堅守に加えて鋭い打球でヒットを放った。

高橋優も適時打を放ち、籾山も盗塁を2度差し、安打も放った。

若い野手たちが、埼玉上尾まで遠征に来て躍動してくれて、そういった点では良かったと思うが、東京METSさんにはこれで昨年に続き連敗。

同じチームに何度も負けるのは良くないですね。

次こそ勝利できるように頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です